エチオピアにもスケートカルチャー

SK8
10 /28 2013
スクリーンショット 2013-10-22 9.47.02

東アフリカにあるエチオピアから、スケートカルチャーがひっそりと産声をあげている。
それは25人の子供と7個のスケートボードから始まった。

体制や社会への不満や反抗をレペゼンするカルチャーでもあるスケートボード。
新しいことをしていくには既存の概念や常識をぶっ壊していかなければならない。

日本のサーフィン業界も同じことだと思う。ぶっ壊していかないと!

エチオピアで始まったこのカルチャー、今はニッチでマイノリティーだが彼らには是非頑張ってほしい。
ここからまた近い将来、素晴らしいスケーターやアーティストが誕生すると思うと非常に頼もしい。


Samu Karvonen

SK8
07 /29 2013
スクリーンショット 2013-07-29 7月29日 17.22.34




ニューヨークの街をスケートボードで気持ち良さそうにクルーズするショートフィルム。
まだ行ったことのないニューヨーク行ってみたくなりました。

2011年のASPワールドツアーの記憶も新しいニューヨーク。
もちろんサーフィンもできますしね。
アートもやばそうです。

How to film a skate movie

SK8
03 /20 2013
スクリーンショット

やっぱアメリカにはかなわねぇ〜な〜
日本の横乗り業界も、これくらいまではいかなくても、しっかり撮影&編集できる環境にしていきたい!

まずはマーケットの認知と拡大、新規プレーヤーの獲得。

Vans Bowl-a Rama at Bondi Beach 2013

SK8
03 /05 2013
スクリーンショット 2013-03-05 19.10.08

毎年オーストラリア ボンダイビーチで開催されてるVans Bowl-a Ramaという大会。
ビーチのすぐ前でやってます。このイベント

サーフィンも早急に興行にできるスキームを用意しないとですね!

なんか考えます!

今の大会形式や、レギュレーションじゃ駄目なんです。
来場客が見て楽しめる何か。

日本では勝又さん、蔵人くん達先輩が主催するサーフスケートが一番盛り上がるイベントかな?

なんとかして、この業界を盛り上げたいものです。

金集めと、開催地の地元の賛同と、新しい興行スキームか…

なんかやりて〜!!!!!!



続きを読む

ak47

市東"Shige"重明
(シトウ シゲアキ)
1975年生まれ A型
177cm/73kg

プロサーファー
アーティスト
ライフスタイルクリエイター
LazyBoySkill surfboardオーナー
LBS galleryオーナー
市東道場プレミアムサーフレッスン主宰
落語協会サーフィン部顧問


競技用ショートからクラッシクロングまで様々なボードを巧みに乗りこなすプロサーファー
サーフィン雑誌、ファッション誌、ライフスタイル誌と幅広く活躍している

【経歴】
15歳でサーフィンに出会い海水漬けの生活を送る
17歳で千葉東支部のジュニアクラス代表
22歳でプロ資格獲得
23歳 カリフォルニア単独サーフィン武者修行
帰国後 17年間 プロとしてコンテストフル参戦
35歳 フリーサーファーへ転向

2012年Lazyboyskillサーフボードを自ら設立

プレミアムサーフィン個人レッスン『市東道場』を主催

サーフィン指導者、サーフボード開発、雑誌出演、モデル、講演、トークショー、執筆と仕事は多岐にわたり、サーフィンの楽しさを伝えると共にライフスタイルの提案をメインに活動している。


"Shige"からのメッセージ

『常識にとらわれるな、
普通の人生なんてつまらない。ぶっ壊す勇気も大切』

『他人を思いやる気持ちを皆が持てば世界は上手くいく、Respect each otherこれが人間の大切なこと』

『お金は大事。上手に使って循環させる。浪費ではなく自己投資に使えば財産になる』