FISH FRY 2015レポート

SURF
06 /01 2015
2年ぶりに開催のFish Fry2015です。
去年は天候不良によりキャンセルされてしまったイベント

本来はフィッシュボード愛好家のイベントだが
近年ではフィッシュはもちろんのこと、シモンズ、ハル、ミッドレングス、ロング、フィンレス、左右非対称と様々なボードを見ることができる。

ボードビルダーやサーフボード開発者やオルタナティブボード、変態ボード愛好家にとっては貴重な情報交換の場である。メジャー、マイナー問わず様々なビルダーなどがお互いのボードを見せ合い、繋がる場でもある。

最近、非常に残念だが目につくのが、なんちゃってオルタナティブボード?もどき?クラッシックもどき?のボード。

最近、トレンドというか流行りというか、オルタナティブボードを頻繁に海でも目にするようになった。
もともとF−1競技用ボードしかやってきてないパフォーマンスボード屋さんが流行りに乗っかり、シモンズ、フィッシュ、ミッドレングスシングルなどを急いで削りだしている。

もともと、競技用ショートボードしか乗っていないお客さん達がクラシカルなボードに興味を示してしまったため、慌ててリリースしだしている。


これは小売店やショップの人がメーカーに要求するケースも少なくない。
お客さんをなんとか逃さないよう、見よう見まねで必死で形をまねしてリリースしている。
もともとショートだけ削ってきたシェイパーが無理やり形を真似するから、おかしなことになる。

100%ハンドメイドでやってきているクラシカルボードビルダーの方達は、過去の資料、文献をひもとき勉強を重ねて現在に至る。クウォリティや知識、テンプレートなど半端じゃない知識と技術をもちあわせている。

これは、本気のサーフボードビルダーの方達へのリスペクトも込めて、声を大にして代わりに代弁したい。

ショートボード屋特有の某海外有名シェイパーのボードをそっくりにマシンでコピーしているショートボードシェイパーが、トレンドで参入できるほど甘い世界ではないということだ。

餅は餅屋である。寿司屋がラーメンつくるのと同じことをしている。

ユーザーもなんちゃってオルタナで、クラシカルを気取る。
リアルなボードを知っているサーファーから見たら、正直キツイ。
乗り方もわからず、パフォーマンスショートと同じライン取りでフィッシュ、シモンズを乗っているのは非常に滑稽である。


加えておくが、LazyBoySkillサーフボードはそれぞれ専門の5人のシェイパーにパフォーマンス〜クラシカルまで、各モデルを担当してもらっている。各ジャンルにおいて最高のボードを提供できるシステムを採用している。
従来のスタイルである、シェイパーを1人にロックし、無理やり知識のないボードを作らせるようなことはさせない。
今後も当然作り手は増えるだろう。現に増えている。
なぜなら、寿司屋さんには寿司をラーメン屋さんにはラーメンを作らせる。
だから、ボードほんらいのポテンシャルが生きる。
クラシカルラインとパフォーマンスラインは別物で分別している。
シェイパーが追求したいボードに専念することができるためだ。

海外、国内 メジャー、マイナー関わらず本気のボードビルダーの仕事ぶり、ボードクウォリティーの高さ、技術、細かいディテールを是非、見て触って乗って体感していただきたい。

非常に奥深く面白い世界である。


FISH FEY2015の様子↓
20150530_123509.jpg
Lazyboyskillは吉川tapppyシェイプの80’s twinpin サイドワインダーを持ち込んだ

20150530_124613.jpg


20150530_125001.jpg
千葉から参戦 ロスバトソン
20150530_130619.jpg

20150530_130459.jpg


20150530_125554.jpg
josh hall by holy smoke
20150530_125720.jpg
変態ボード仲間 HoLy SMOKE梶川氏

20150530_125412.jpg

20150530_125258.jpg

20150530_125111.jpg

20150530_125250.jpg
Hobie  よさげなクラシカル

20150530_140710.jpg
湘南の大場氏 クリエイティブ!
フィンレス乗ってみたい

20150530_141649.jpg
こちらもVisslaサーポート シェイパー ダニーヘスのwoodコレクション
20150530_143715.jpg
サンティエゴからビルダーのメイソンダイヤーもプロモーションで来日
※キヨモさん、sorry! クリステンソンの写真見つからない
新しいモデル 調子よさそーでした。

20150530_145120.jpg
From 鎌倉 ハイドロ安藤のコレクション
またボードシェイプの引き出し増やした!

20150530_131128.jpg

20150530_131345.jpg

20150530_132306.jpg
平野太郎プロ!5フィンボンザーかっこよかった
太郎さん 鎌倉セッションしましょ!
この方もシェイプの引き出し多いな〜

20150530_134726.jpg
こちらsurfers矢作氏のライアンバーチとライアンラブレースの非対称
ライアンラブレースのフィンレスは持ち帰りテストさせていただきました。
いつもありがとうございます。
クラッシックから変態まで矢作氏の知識も半端じゃない。


20150530_135614.jpg
VISSLAのサポートシェイパー ヘイデン

20150530_140146.jpg

20150530_122924.jpg
主催者『Blue』編集長の戸井田氏
俺の良き理解者
同年代で日本の新たなサーフィンカルチャーを伝える同士である








関連記事

ak47

市東"Shige"重明
(シトウ シゲアキ)
1975年生まれ A型
177cm/73kg

プロサーファー
アーティスト
ライフスタイルクリエイター
LazyBoySkill surfboardオーナー
LBS galleryオーナー
市東道場プレミアムサーフレッスン主宰
落語協会サーフィン部顧問


競技用ショートからクラッシクロングまで様々なボードを巧みに乗りこなすプロサーファー
サーフィン雑誌、ファッション誌、ライフスタイル誌と幅広く活躍している

【経歴】
15歳でサーフィンに出会い海水漬けの生活を送る
17歳で千葉東支部のジュニアクラス代表
22歳でプロ資格獲得
23歳 カリフォルニア単独サーフィン武者修行
帰国後 17年間 プロとしてコンテストフル参戦
35歳 フリーサーファーへ転向

2012年Lazyboyskillサーフボードを自ら設立

プレミアムサーフィン個人レッスン『市東道場』を主催

サーフィン指導者、サーフボード開発、雑誌出演、モデル、講演、トークショー、執筆と仕事は多岐にわたり、サーフィンの楽しさを伝えると共にライフスタイルの提案をメインに活動している。


"Shige"からのメッセージ

『常識にとらわれるな、
普通の人生なんてつまらない。ぶっ壊す勇気も大切』

『他人を思いやる気持ちを皆が持てば世界は上手くいく、Respect each otherこれが人間の大切なこと』

『お金は大事。上手に使って循環させる。浪費ではなく自己投資に使えば財産になる』