ミッドレングスは旅に有効か?

メディア掲載
08 /22 2014
現在発売中の雑誌『Blue.』に俺と名古屋のスタイルマスター『PIPPEN STORE』のピッペンとプロサーファー『VOUCH』のマサで旅したスリランカトリップが掲載されています。
波にも仲間にも恵まれ、最高のトリップができました。
是非、書店、コンビニでcheck!


今回の旅のテーマである『ミッドレングスは有効か?』を検証すべく、3人がそれぞれのミッドレングスでスリランカをサーフィン




まだまだ、日本のサーフィン業界ではショートボーダーとロングボーダーの溝が深いのが現状。

でも俺らは、Surf everything! 何でも乗ります。
波乗りは波乗り、長いの短いの関係ないんです!

その時の波や自分の気分に合ったボードをチョイスするだけ。
いかにその瞬間を『楽しむか』これにフォーカスしています。

例えるならば、サーフボードは車とおなじ!
F−1マシンでダートや砂地は走らないでしょ?
F−1はサーキットコースで走るから、その性能が引き立つのです。

サーフィンも同じことですよ





Lazyboyskillサーフボードのクラッシクライン ミッドレングスシングルフィン『style maffia』

スリランカのA-frameの頭半からダブルの波をミッドレングスで疾走
大きなライン取りとターン、サーフィンの基本。

楽しすぎるミッドレングス!
Blue.の編集長 林さんもこのボードお気に入りでした。
俺から奪って、ずっと乗ってたな(笑)

波を駆け抜けるダウンザラインのスピード感が爽快な、小波からタイフーンスウェルまで幅広く楽しめるスペシャルチューンのミッドレングスシングルフィン。
チーターファイブなどのノーズエリア、中央にスタンスを取ってのダウンザライン、テールエリアを使ってのマニューバーサーフィンと実に様々なスタイルを楽しめるボード、まさにStyle Maffiaである。
また、LazyBoySkillが自身を持って提案するClassicラインならではの一級品のボードクウォリティーも堪能していただきたい。
生涯手放せないサーフボードになる。¥178、000(税抜)


こちらはおなじみ日曜日の殺し屋こと『SUNDAY KILLER』

海外でももちろんスーパーファン!
スピードつけてエアーも可能。

カリフォルニア トラッセルズで使用したときもメチャメチャ楽しかった。
海外トリップには欠かせないですね。




メリッサという小さい湾になっていて、インサイドがウニだらけのポイント
崖横からブレイクするコンパクトなライトリーフブレイク

ロケーション、波、バイブスやばいです。
超楽しい波。



ステイしているA-frameからメリッサまで1時間半のアクセスの途中に無数のポイントが存在する。

途中のビーチブレイクで スタイルマフィアでクルーズ
トリムポジッションにスタンスして最高速まであという間。
このスピードかんはミッドレングスならでは



今回、みんなが持ち込んだボード。
サーフボードは色々乗れた方が上達が早いです。

それぞれのボードの特性が違うので、当然テイクオフの場所やスタンス、ターンの種類が違います。
基本ができていればなんでも乗れます。

ロングボーダーのピッペンも一番右に移っている5’7のミニボード『pink rabbit』で軽快なサーフィンしてました。
俺もびっくり!ローラーコースターまでしっかりメイクしてました。

みなさんも色々なボードでサーフィンの楽しさと幅を広げてください。
かならず上達に結びつきます。

サーフボードの相談や『市東道場サーフレッスン』もお待ちしております。
info@lazyboyskill.com まで!

BLUE来月号は今回の旅のDVDが付録だよ〜ん



関連記事

ak47

市東"Shige"重明
(シトウ シゲアキ)
1975年生まれ A型
177cm/73kg

プロサーファー
アーティスト
ライフスタイルクリエイター
LazyBoySkill surfboardオーナー
LBS galleryオーナー
市東道場プレミアムサーフレッスン主宰
落語協会サーフィン部顧問


競技用ショートからクラッシクロングまで様々なボードを巧みに乗りこなすプロサーファー
サーフィン雑誌、ファッション誌、ライフスタイル誌と幅広く活躍している

【経歴】
15歳でサーフィンに出会い海水漬けの生活を送る
17歳で千葉東支部のジュニアクラス代表
22歳でプロ資格獲得
23歳 カリフォルニア単独サーフィン武者修行
帰国後 17年間 プロとしてコンテストフル参戦
35歳 フリーサーファーへ転向

2012年Lazyboyskillサーフボードを自ら設立

プレミアムサーフィン個人レッスン『市東道場』を主催

サーフィン指導者、サーフボード開発、雑誌出演、モデル、講演、トークショー、執筆と仕事は多岐にわたり、サーフィンの楽しさを伝えると共にライフスタイルの提案をメインに活動している。


"Shige"からのメッセージ

『常識にとらわれるな、
普通の人生なんてつまらない。ぶっ壊す勇気も大切』

『他人を思いやる気持ちを皆が持てば世界は上手くいく、Respect each otherこれが人間の大切なこと』

『お金は大事。上手に使って循環させる。浪費ではなく自己投資に使えば財産になる』