夢のコラボ実現!『snow style』にDeath Label x Lazy boy skillの広告

メディア掲載
12 /20 2013
 fc2_2013-12-20_09-28-44-316.jpg
今月売りのスノーボード雑誌『snow style』(マリン企画)のhttp://www.garage-j.co.jp/product//" target="_blank" title="『Death Label』">『Death Label』の広告になんと 俺のサーフィンのビジュアルが使用されました!スノーボード雑誌にサーフィンのビジュアルぶっこんでくるとは、さすが革命児 大川社長!
アリだと思います!

社長の大川くんもサーフィン大好き!
ちなみにサーフボードはLBSのsex machine乗ってます!
ちなみに、このモデルはスノーボーダー達に人気のボードです。

スクリーンショット 2013-12-20 10.43.44 

オレたちの年代で横乗りシーン盛り上げていきたいね!
スケートカルチャーにはGo Uedaもいるし
スクリーンショット 2013-12-20 10.42.48 



カテゴリを超えてリンクしていきたいですね。
90年代の横乗りカルチャーにどっぷりとつけ込まれた俺らの感性をみんなで表現して
横乗り業界を活性化していきたいと常々考えています。



fc2_2013-12-20_09-30-05-091.jpg
こちらがその広告クリエイティブ!
ヤバいでしょ!スノーボード雑誌だよコレw


今期13−14シーズンのDeath LabelのDrifterとういう、マルチパウダーボードとサーフブランドである『LazyBoySkill』がコラボレート。

デザインは全て市東重明が手掛けました。
サーファーなら間違いなく手にしたいボード。

ゲレンデ、バックカントリーでもサーフィンしたい方におすすめ。

しかも、自分で色塗ってスタイルだすことも可能にするためデッキ面はギラギラのクリアーではなくマット仕上げしてあります。

DEATH LABELが人気で売れている理由は、それは日本人が日本人のために、体格、筋力を考慮し作るボードブランドで、トーション、フレックスが日本人にとても扱いやすくなっています。
また、スノーボードに熱い人間が携わっているため他にはない最高のグラフィックやメッセージをボードに込めて発信しているブランドです!

コチラから購入↓ クリック!
スクリーンショット 2013-12-20 9.45.37

今回、このコラボ企画のキッカケを作った重要人物↓
スクリーンショット 2013-12-20 10.48.41

長野・諏訪のショップ『cocopalm』代表 武田軍曹
俺のスノーボードの先生ですm(_ _)m
また、大切なLazyBoySkillの取り扱いディーラーでもあります。
尽力ありがとうございました。感謝です。
次もお願いしますw


コラボ企画に関係した全てのスタッフ、関係者の皆さん
ありがとうございました。

あとは、ご購入して頂いたお客様に山で気持ちよく滑って頂くだけです!
関連記事

ak47

市東"Shige"重明
(シトウ シゲアキ)
1975年生まれ A型
177cm/73kg

プロサーファー
アーティスト
ライフスタイルクリエイター
LazyBoySkill surfboardオーナー
LBS gallery主宰
LB/S tokyo bay ディレクター
落語協会サーフィン部顧問


競技用ショートからクラッシクロングまで様々なボードを巧みに乗りこなすプロサーファー
サーフィン雑誌、ファッション誌、ライフスタイル誌と幅広く活躍している

【経歴】
15歳でサーフィンに出会い海水漬けの生活を送る
17歳で千葉東支部のジュニアクラス代表
22歳でプロ資格獲得
23歳 カリフォルニア単独サーフィン武者修行
帰国後 17年間 プロとしてコンテストフル参戦
35歳 フリーサーファーへ転向

2012年Lazyboyskillサーフボードを自ら設立

プレミアムサーフィン個人レッスン『市東道場』を主催

サーフィン指導者、サーフボード開発、雑誌出演、モデル、講演、トークショー、執筆と仕事は多岐にわたり、サーフィンの楽しさを伝えると共にライフスタイルの提案をメインに活動している。


"Shige"からのメッセージ

『常識にとらわれるな、
普通の人生なんてつまらない。ぶっ壊す勇気も大切』

『他人を思いやる気持ちを皆が持てば世界は上手くいくのに、Respect each otherこれが人間の基本です』

『お金は大事。上手に使って循環させる。浪費ではなく自己投資に使えば財産になる』