読書レビュー 『日本の独立』著 植草一秀

book
02 /25 2011
スクリーンショット(2011-02-21   2月21日   14.35.47)
内容
誰も書かなかった、日本の支配者の真実! 主権者国民と「米・官・業・政・電」利権複合体の死闘 国家の罠に嵌められた著名政治経済学者が、迷走日本政治を一刀両断する 渾身の長編書き下ろし 小沢一郎を攻略し、仙谷―菅によるクーデターを操った悪徳利権複合体の正体を暴く!

◯レビュー◯
この本は比較的最近(2010/11/20)出版されて、ネット上で騒がれていたので気になって読んでみました。
幕末から戦後までの金と利権のバビロン構造にいたる経緯や、国策により政治生命を窮地に追い込まれた小沢関連の問題など、酷い日本の政治の実態に切り込んでいます。

小沢問題についても、メディアの情報操作で悪者に仕立て上げられた小沢一郎
連日連夜メディアで小沢を悪く扱う報道をバンバン流し、小沢攻めをしかけていた。異常なくらい報道されていた。いま思うと、メディアの情報操作で国民がコントロールされていたなと思ってしまう。
冷静に考えると、ただ小沢を排除したい組織が動いていたとしか思えない。

ほとんどの国民はテレビ、新聞の情報を100%信用しているように感じる。
とても危険なことだ。
力を持つ政治家と官僚の霞ヶ関とメディアと大企業はすべて繋がっている。
その4つをアメリカが陰で操作する現状。
まさに金と利権のバビロン構造である。

このバビロンから国民主導の政治に転換させようとした小沢に対するバッシングは国家がらみで行なわれた罠だった。自分達の利権と金を脅かされたバビロンは必要に攻撃をしかけた。

我々、日本国民がしっかりしないと、バビロン崩壊はほど遠いだろう。
ずっとバビロンの利権のために国民の生活が翻弄されるのは許しがたい!

日本を住みやすい国にしたいなら是非1度目を通してい欲しい本です。





関連記事

ak47

市東"Shige"重明
(シトウ シゲアキ)
1975年生まれ A型
177cm/73kg

プロサーファー
アーティスト
ライフスタイルクリエイター
LazyBoySkill surfboardオーナー
LBS galleryオーナー
市東道場プレミアムサーフレッスン主宰
落語協会サーフィン部顧問


競技用ショートからクラッシクロングまで様々なボードを巧みに乗りこなすプロサーファー
サーフィン雑誌、ファッション誌、ライフスタイル誌と幅広く活躍している

【経歴】
15歳でサーフィンに出会い海水漬けの生活を送る
17歳で千葉東支部のジュニアクラス代表
22歳でプロ資格獲得
23歳 カリフォルニア単独サーフィン武者修行
帰国後 17年間 プロとしてコンテストフル参戦
35歳 フリーサーファーへ転向

2012年Lazyboyskillサーフボードを自ら設立

プレミアムサーフィン個人レッスン『市東道場』を主催

サーフィン指導者、サーフボード開発、雑誌出演、モデル、講演、トークショー、執筆と仕事は多岐にわたり、サーフィンの楽しさを伝えると共にライフスタイルの提案をメインに活動している。


"Shige"からのメッセージ

『常識にとらわれるな、
普通の人生なんてつまらない。ぶっ壊す勇気も大切』

『他人を思いやる気持ちを皆が持てば世界は上手くいく、Respect each otherこれが人間の大切なこと』

『お金は大事。上手に使って循環させる。浪費ではなく自己投資に使えば財産になる』