【サーフィン上達】先ずは安定したテイクオフをマスターする

市東道場サーフレッスン
06 /13 2018

サーフィンでまず、最初の難関はテイクオフ


5abe7499e528.jpeg

サーフィンで波を乗る行為で最初の難関は何と言ってもテイクオフ
テイクオフとは→沖からくる波をつかまえパドリングの状態からサーフボードの上に立ち上がること


『テイクオフはライディングの始まりです』


↑これは忘れないでください。

思い出してください。
テイクオフが安定しないままテイクオフした場合、その後のライディングが上手くいかないパターンが多くないですか?

テイクオフは非常に重要なポイントであり、その後のライディングに非常に影響する重要なファクターです。


テイクオフで失敗する3つ要因


1.パドリングの漕ぎだすスピードが足りてない。
こちらは、波に乗るためのスピードが足りていない原因があります。
パドリングの漕ぎ出しタイミングや正しいパドリングができていないパターンです。

2.気持ちが焦っている。(慌てている)
『早く立たなきゃ』とあせる気持ちから頭の中が真っ白状態で焦っていて冷静さを失ってしまい、わけがわからずテイクオフしてしまうパターン。

3.テイクオフの動作が順序よくできてない。

正しいテイクオフの基本動作ができていないパターン。
↑これ意外と多いです。
中級者に多いテイクオフの動きに悪いクセがある場合。
見た目もどこかぎこちなく、スムーズさに欠けるテイクオフです。


あなたはどのパターンですか?
これらのパターン別の改善策はそれぞれ違います。

『市東道場』プレミアムサーフレッスンを受講された方はこれらに対するアドバイスは受けてるので
改善されてはずです。

『市東道場』ではベーシックな基本をしっかり積み上げることで最短上達を目指します。
テイクオフに関しては、最初のステップとしてしっかりレクチャーさせてもらいます。
ここが、しっかり出来るまで次のステップには無理に進みません。
それくらい重要なカテゴリーの1つです。

いますぐ、テイクオフを改善したい方は↓
スムーズかつ楽に立ってライディングに繋げるテイクオフを指導します。 
是非、ご相談ください。


IMG_0431.jpg




関連記事

ak47

市東"Shige"重明
(シトウ シゲアキ)
1975年生まれ A型
177cm/73kg

プロサーファー
アーティスト
ライフスタイルクリエイター
LazyBoySkill surfboardオーナー
LBS galleryオーナー
市東道場プレミアムサーフレッスン主宰
落語協会サーフィン部顧問


競技用ショートからクラッシクロングまで様々なボードを巧みに乗りこなすプロサーファー
サーフィン雑誌、ファッション誌、ライフスタイル誌と幅広く活躍している

【経歴】
15歳でサーフィンに出会い海水漬けの生活を送る
17歳で千葉東支部のジュニアクラス代表
22歳でプロ資格獲得
23歳 カリフォルニア単独サーフィン武者修行
帰国後 17年間 プロとしてコンテストフル参戦
35歳 フリーサーファーへ転向

2012年Lazyboyskillサーフボードを自ら設立

プレミアムサーフィン個人レッスン『市東道場』を主催

サーフィン指導者、サーフボード開発、雑誌出演、モデル、講演、トークショー、執筆と仕事は多岐にわたり、サーフィンの楽しさを伝えると共にライフスタイルの提案をメインに活動している。


"Shige"からのメッセージ

『常識にとらわれるな、
普通の人生なんてつまらない。ぶっ壊す勇気も大切』

『他人を思いやる気持ちを皆が持てば世界は上手くいく、Respect each otherこれが人間の大切なこと』

『お金は大事。上手に使って循環させる。浪費ではなく自己投資に使えば財産になる』

【市東重明official HP】↓
スクリーンショット12