日本のサーフマーケット

column
12 /01 2009
ピクチャ 22

phot by antiundersteer

不況まっただ中の昨今、サーフマーケットは激動の時代に突入しつつある。最近ではインターネットでの海外製品の並行輸入などで一気に従来の定価に比べて価格破壊が勃発している。それにつられるようにして、苦渋の選択で価格を引き下げる方向のメーカーも増えている。このディスカウント商戦は苦し紛れに後先を考えず目先の売り上げしか考えていない安易なマーケティングに思えて仕方ない。この行為は確実にマーケット自体を縮小してしまっているのではないだろうか。自分達で自分の首をジワジワ絞めている状況ではないだろうか?このまま価格破壊が進みディスカウント商戦の行き着く先には何が待っているのだろうか?どこまも価格を下げるつもりだろうか?消費者としては喜ばしいことだろうが、サーフマーケットで仕事をしている我々には悩みの種である。

 値段のお得さや安さだけではなく、しっかりとしたブランドイメージやカラー、かっこいい企業理念などや製品の充実度やオリジナリティ、クウォリティの部分で消費者が共感、納得できる価格帯や売り方ができないものか。

ビジネスは弱肉強食だと言われればそれまでだが、これからのサーフブランドや販売店も今後どんどん増えるであろう新手の販売方法や大手企業の参入など様々な変化を視野に入れながら、自社の事だけでなくマーケット全体の向上も思慮して行かなければならない時代ではないだろうか。
関連記事

ak47

市東"Shige"重明
(シトウ シゲアキ)
1975年生まれ A型
177cm/73kg

プロサーファー
アーティスト
ライフスタイルクリエイター
LazyBoySkill surfboardオーナー
LBS galleryオーナー
市東道場プレミアムサーフレッスン主宰
落語協会サーフィン部顧問


競技用ショートからクラッシクロングまで様々なボードを巧みに乗りこなすプロサーファー
サーフィン雑誌、ファッション誌、ライフスタイル誌と幅広く活躍している

【経歴】
15歳でサーフィンに出会い海水漬けの生活を送る
17歳で千葉東支部のジュニアクラス代表
22歳でプロ資格獲得
23歳 カリフォルニア単独サーフィン武者修行
帰国後 17年間 プロとしてコンテストフル参戦
35歳 フリーサーファーへ転向

2012年Lazyboyskillサーフボードを自ら設立

プレミアムサーフィン個人レッスン『市東道場』を主催

サーフィン指導者、サーフボード開発、雑誌出演、モデル、講演、トークショー、執筆と仕事は多岐にわたり、サーフィンの楽しさを伝えると共にライフスタイルの提案をメインに活動している。


"Shige"からのメッセージ

『常識にとらわれるな、
普通の人生なんてつまらない。ぶっ壊す勇気も大切』

『他人を思いやる気持ちを皆が持てば世界は上手くいく、Respect each otherこれが人間の大切なこと』

『お金は大事。上手に使って循環させる。浪費ではなく自己投資に使えば財産になる』