fc2ブログ

今、なぜシングルフィンが必要なのか? 3つの理由とは

LazyBoySkill
01 /20 2019

_W5A1660.jpg


今、なぜシングルフィンガ必要なのか?


このテーマは、ここ数年ずっと伝えてきたことの1つです。

最近、千葉、湘南などの関東の海では
ミッドレングスシングルフィンやログ(クラッシックロングボード)
に乗るサーファーが多くなってきました。

サーフボードの多様化のメリットに気づいたサーファーが増えてきた証拠でしょうか。

なぜ、ここまでシングルフィンをおしているか?

実は、サーフィンの上達に必要なエッセンスが詰まっているのです。

今、シングルフィンが必要な3つの理由とは?


1, 最もサーフィンの基本を学びやすいツール


2.シンプルな操作性が的確な体の使い方を教えてくれる


3.波のどこを滑れば良いかを教えてくれる。

この3つの理由はサーフィン上達には欠かせないパートになっています。

この理由を詳しく解説していきましょう。



1, 最もサーフィンの基本を学びやすいツール


cutty.png 

シングルフィンはサーフィンのルーツです。

ここから、現代の様々なフィン形状やセッティングに発展していきました。

ということは、数あるフィンセッティングの中でも
一番、操作性がシンプルだということです。

2.シンプルな操作性が的確な体の使い方を教えてくれる


tudor_davey-2.jpg

シングルフィンは、サーフボードをコントロールすることが極めて単純です。

自分の体重(重心)で操ればいいだけです。

パフォーマンス系のボードは、基本の操作方法をしなくても
簡単に動いてしまいます。

ということは、ごまかしの足元でのコントロールでも動いてしまうということ。

サーフボードに乗れているように錯覚してしまうのです。

これではなかなか上達しません。

『リップはできるけどカットバックできません』なんてサーファーもたまにいます。

特にこのタイプは基本のターンをしっかりマスターすべきです。


3.波のどこを滑れば良いかを教えてくれる。

stylemaffia-ride.jpg

シングルフィンは、波を滑るラインどり(コースどり)も極めてシンプル。

派手なアクションは、やらなくてもいいんです。

波のパワーゾーンを自分の重心移動でサーフボードをコントロールして、乗り継げば良いだけ。

ボトムからパフォーマンスボードの様なバーチカルなアプローチ(縦のアプローチ)はしなくていいんです。

シンプルであるがゆえに、ただパワーゾーンをゆるいラインで滑ればいいのです。

これって、実は凄く気持ちいいのです。

サーフィンの真髄である『波と自分の融合』が味わえます。

どこが、正しいラインどりかも理解できる様になってきます。

正しいラインどりができると、ライディング距離も長く乗れるようになってきます。


こんなサーファーにシングルフィンがオススメ


●サーフィン始めたばかりの初心者

●サーフィン歴あるのに、レベルが頭打ちしてしまった中級者

(基本をおろそかにして上達してきてしまった可能性がある)

●コンテストでなかなか良いスコアが出せないコンペティター

(ターンの精度が悪く、スコアが伸びない)



とにかくトライしてみよう!シングルフィンに乗って解ることがたくさんある。


シングルフィンで基礎に戻って練習し、サーフィンの真髄を忘れないことが重要になってきます。

このメリットはあなたのサーフィンに凄くいい効果を与えてくれます。

シングルフィンで乗れないと言っているあなた!
サーフィンの基礎ができていない可能性大デス!
(サーフィンの技術の良い指標になります)

シンプルで楽しいシングルフィンに乗って、あなたのサーフィンの可能性を広げてください。


自力で3年かかるところを1年半で最短上達
How to本やインターネットには載っていない秘伝を伝授
『市東道場』プレミアムサーフレッスンはこちらから↓


ミッドレングス シングルフィン動画↓


スペシャルエディションの限定ボード↓
あと2本オーダー可能


オススメ シングルフィンはこちら


5色から選べるカラー代込無料!シングルのエントリーには最適

クウォリティー、設計、乗り味の頂点!最高級モデル シングルフィン
一生モノのサーフボード
Style Maffia 

http://lazyboyskill.com/style-maffia




上達に必要なヒントを定期的に配信する『市東道場』メルマガ購読はこちらから↓

市東重明出演!

 サーファーのためのHOW TO バイブル『サーファーになる本』↓ 

関連記事

ak47

市東"Shige"重明
(シトウ シゲアキ)
1975年生まれ A型
177cm/73kg

プロサーファー
アーティスト
ライフスタイルクリエイター
LazyBoySkill surfboardオーナー
LBS galleryオーナー
市東道場プレミアムサーフレッスン主宰
落語協会サーフィン部顧問


競技用ショートからクラッシクロングまで様々なボードを巧みに乗りこなすプロサーファー
サーフィン雑誌、ファッション誌、ライフスタイル誌と幅広く活躍している

【経歴】
15歳でサーフィンに出会い海水漬けの生活を送る
17歳で千葉東支部のジュニアクラス代表
22歳でプロ資格獲得
23歳 カリフォルニア単独サーフィン武者修行
帰国後 17年間 プロとしてコンテストフル参戦
35歳 フリーサーファーへ転向

2012年Lazyboyskillサーフボードを自ら設立

プレミアムサーフィン個人レッスン『市東道場』を主催

サーフィン指導者、サーフボード開発、雑誌出演、モデル、講演、トークショー、執筆と仕事は多岐にわたり、サーフィンの楽しさを伝えると共にライフスタイルの提案をメインに活動している。


"Shige"からのメッセージ

『常識にとらわれるな、
普通の人生なんてつまらない。ぶっ壊す勇気も大切』

『他人を思いやる気持ちを皆が持てば世界は上手くいく、Respect each otherこれが人間の大切なこと』

『お金は大事。上手に使って循環させる。浪費ではなく自己投資に使えば財産になる』

【市東重明official HP】↓
スクリーンショット12