サンフランシスコの旅 vol.9 mission地区

02 /20 2017

お洒落なショップ、カフェ、美味しいレストラン、ストリートアートがカオス状態で詰め込まれているMisson地区

かつては貧しいヒスパニック系住民の町だったが、GoogleなどのIT企業の社員などが住むようになり裕福な住民も増え、ホームレスと富裕層が混同するカオスな町だ。

20161006_084629.jpg

坂と電線が多い印象を受けるサンフランシスコ
20161006_084724 (1)
コーストラインに比べるとビルが多くなり、東京のようなイメージがするタウンエリア
20161006_084736_004 (1)
タウンから北に車を走らせるとサンフランシスコの代名詞
ゴールデンゲートブリッジ
20161006_091133 (1)
波があったら 迷わずやってたな
20161006_094835.jpg
沖に見える島がアルカトラズ刑務所
冷たい海に囲まれ脱獄不可能とされていた刑務所だが
過去に3人だけ脱獄に成功している。
20161006_091705.jpg
ミッション地区に戻りコーヒーショップへ
『Sight glass』
平日でもお客さんで賑わっている人気shopだ。
20161007_154056.jpg
20161007_150717.jpg
20161007_150733.jpg
こちらがバリスタ。
入れ方にもこだわりがある。
20161007_150810.jpg
20161007_150822.jpg
20161007_152812.jpg
まるでディズニーランドのような家が多く存在する。
サンフランシスコには多い光景。
20161007_154510.jpg
ビュイック・リビエラ
どしぶ!!
20161007_154817.jpg
これは公衆トイレ
一応、トライしておいたが
出方がわからなくて焦った。
当然、中は汚いw
20161007_161228.jpg
20161007_163148.jpg
蛍光色のピストが似合っていた
20161007_163116.jpg
サンフランシスコといえば
グラフィティーアート
アートスクールも多く
アーティストも多いので街の壁はミューラルだらけだ。
日本でいう渋谷的な感じか…
20161007_163241.jpg

20161007_163244.jpg

20161007_163254.jpg
20161007_163321.jpg
20161007_163345.jpg

20161007_163435.jpg

20161007_163453.jpg
この絵、良かったな~
アーティストはヘッドフォンして話しかけるなオーラ全快
仕事だもんねw
20161007_122337.jpg 
やはり、サンフランシスコはスケートの聖地
いたるところにスケートパークが存在している。
20161007_124229.jpg 
20161007_122401.jpg 
路上のパーキングロットもクレジットカード対応
本当に合理的な国だ。素晴らしい。
日本も見習って欲しい。
20161007_124701.jpg 
20161007_124823.jpg 
こちらもコーヒーショップ
20161007_125020.jpg 
シボレー 87’エルカミーノ 
やっぱコレかっこいいな~。
後ろのヴィクトリアのポリスカーもカッケーな。w
20161007_125104.jpg 



アメリカでやりたいことの一つにBarbarで散髪がある。
刈り上げのスキルは日本の床屋より数段上だ。
いかにもバーバーという、このスタイルがたまらなくいい。
紳士の身だしなみである。
是非、オススメする。

英語がわからなかったら、スマホで画像を見せるのが手っ取り早い。
値段は30ドルから40ドルくらい。日本と大して変わらない。
シャンプーで流すという概念はないので驚かないように。
ブラシで髪の毛払って終わり。

20161006_173459.jpg
20161007_180325.jpg
こうして旅は終わりました。
色々な人物に会い、私生活や生き方を覗かせてもらった。
ライフスタイルというものを、もう1度考えさせられる旅となった。
 
『自分のライフスタイルはこれで良かったのか?』という答え合せの旅でもあった
やはり、自分の通ってきた道は間違いではなかった。
人生において何を最優先するのか
すごい考えさせられた。
自分のライフスタイルは自分で築き上げなければならない。
やりたいことや挑戦したいことがあったら『やるだけ』だ。
行動するのみ。やってしまえばいい。
日本人の社会性なのか国民性なのか知らないけど
『他人がどう思うか』とか
『常識的には』とか
『普通だったらこうするべき』とか、できない言い訳を並べてしまう。
まるで何かに、洗脳されているように。
この旅で、出会った人たちは、自分の直感を信じ挑戦し、理想のライフスタイルをクリエイトしている人間だ。
当然、好きなことを仕事にしている人間である。
だからこそ、生き生きと輝いていた。
この旅で、自分の目指すライフスタイルは正しかったことを実感した。
これからも、自分らしいライフスタイルとサーフィンできる環境を、自分なりに築いていこうと思う。

IMG_20161008_023329.jpg
この旅の様子は発売中の雑誌『Blue.』で特集されています↓

絵画風 壁紙ポスター (はがせるシール式) ゴールデンゲート ブリッジ 

自分らしく生きるヒント↓
関連記事

ak47

市東"Shige"重明
(シトウ シゲアキ)
1975年生まれ A型
177cm/73kg

プロサーファー
アーティスト
ライフスタイルクリエイター
LazyBoySkill surfboardオーナー
LBS galleryオーナー
市東道場プレミアムサーフレッスン主宰
落語協会サーフィン部顧問


競技用ショートからクラッシクロングまで様々なボードを巧みに乗りこなすプロサーファー
サーフィン雑誌、ファッション誌、ライフスタイル誌と幅広く活躍している

【経歴】
15歳でサーフィンに出会い海水漬けの生活を送る
17歳で千葉東支部のジュニアクラス代表
22歳でプロ資格獲得
23歳 カリフォルニア単独サーフィン武者修行
帰国後 17年間 プロとしてコンテストフル参戦
35歳 フリーサーファーへ転向

2012年Lazyboyskillサーフボードを自ら設立

プレミアムサーフィン個人レッスン『市東道場』を主催

サーフィン指導者、サーフボード開発、雑誌出演、モデル、講演、トークショー、執筆と仕事は多岐にわたり、サーフィンの楽しさを伝えると共にライフスタイルの提案をメインに活動している。


"Shige"からのメッセージ

『常識にとらわれるな、
普通の人生なんてつまらない。ぶっ壊す勇気も大切』

『他人を思いやる気持ちを皆が持てば世界は上手くいく、Respect each otherこれが人間の大切なこと』

『お金は大事。上手に使って循環させる。浪費ではなく自己投資に使えば財産になる』