ノースカリフォルニアの旅 Vol. 1

02 /06 2017
雑誌Blueで掲載されたノースカリフォルニアの旅の様子です。

サンフランシスコは久しぶりで、2008年にサンフランシスコ〜サンディエゴまでプライベートでロードトリップして以来。

久しぶりのサンフランシスコにテンションは上がります。

最近は、雑誌の取材でカリフォルニアは1人で成田空港から行って、現地でのコーディネーターと待ち合わせパターンが多い。
もう、慣れましたけど



20161003_104857 (1)


サンフランシスコ空港から、サンタクルーズまでレンタカーで直接移動。

まずは、サンタクルーズで取材

あるシェイパーに会いに行きます。
ファクトリーの外には年代もんの旧車がズラリ
20161003_141449 (1)

ファクトリーの入り口
20161003_141806 (1)

雰囲気やばいですね
レストアして乗りたい!
20161003_141814 (1)

さてお目当のシェイパーは
こののTRAVIS RAYNOLS

ショートからロング、非対称まであらゆるタイプのボードをシェイプできるシェイパー。
またいい仕事するんですよ彼は!

VISSLAからもサポートされています。
VISSLAは、ほんといいシェイパーを抱えてるな…
マッカラムといい

トラビスはサーフィンも上手でした!

20161003_145658.jpg

すごい真面目なシェイパーでナイスガイ!

朝の5時くらいからファクトリーへ出勤し、シェイプします。
波がよければ海へいき、また仕事。
夕方は早く帰宅して家族と過ごす。
理想的な働き方ですね。

クラッシック系のシェイパーって比較的メローな人が多いんです。
性格と波乗りもリンクしているのかな。

逆にショート系のシェイパーはアグレッシブな人が多いです。


20161003_145910.jpg


削りたてのブランクスがラミネート待ち
20161003_145926.jpg


ラミネートルーム
20161003_145933.jpg

20161003_145937.jpg

アメリカのファクトリーで目にするのが
UVレジンを硬化させる釜
ここにUVレジンでラミネートしたボードを入れるとすぐ硬化してしまいます。
クラッシクボードはあまり使用しないで自然硬化が多いですが、ショートボード系はよく使われています。

アルメリックの工場行った時も、この釜ありました。
やはり、硬化が早く生産性を考えるとコレですかね

20161003_145944.jpg


楽しそうなボードがたくさんあります。
全部乗りたい!!
20161003_145947.jpg


グラッシング最中のボード
やはり、カラーラミネートの風合いっていいですよw
20161003_145953.jpg


20161003_145955.jpg


20161003_150005.jpg


このロングボードはレジンワークです。
エアブラシじゃないですよ。
ピグメントレジンでパネルで構成されています。
結構、作業的に面倒な行程を繰り返して制作されます。
いいね!
20161004_114901.jpg 

カリフォルニアのシェイパー達って
アートやる人が多い。
クリエイティブな証拠かな

彼もアーティスト

レジンをコンパネにラミネートして
カットして幾何学パターンのピースを結合してアートに
20161004_140748.jpg

海外のシェイプルームに必ずアートがあるんだよな。
サーフカルチャーとアートって密接ですよね。

日本のシェイプルームやファクトリーにはないんだよな〜
残念なことに
20161004_141126.jpg

あと、トラビスの足元見てください。
革靴!
カリフォルニアのシェイパーに多いですね。
このスタイル。
タイラーウォーレンのシェイプルーム行った時も革靴でシェイプしてたな。

スタイルですね。

ジョシュ ホールは運動靴にハイソックスだったw
これもスキップフライの影響かw

ジェフマッカラムはシェイプの際にはエアジョーダンです。
好きなんだよねジェフはジョーダン。
1477918120965_20161101062135787.jpg 



昔のアメリカのサーフボード資材のチラシ
20161004_141333.jpg

フィンもハンドメイド
器用だなトラビスは。
このグラスのフィンの風合いいいね
20161004_141551.jpg


面白そうなメモ発見!
20161004_141601.jpg


こちらはアレックス・ノストのボード
アートワークがキテますね。
20161004_142001.jpg


20161004_142824.jpg



【必見】トラビスのシェイプ動画↓


ノースカリフォルニアの旅の雑誌の購入はこちらから
【クリック】↓


旅はまだまだつづく…




関連記事

ak47

市東"Shige"重明
(シトウ シゲアキ)
1975年生まれ A型
177cm/73kg

プロサーファー
アーティスト
ライフスタイルクリエイター
LazyBoySkill surfboardオーナー
LBS galleryオーナー
市東道場プレミアムサーフレッスン主宰
落語協会サーフィン部顧問


競技用ショートからクラッシクロングまで様々なボードを巧みに乗りこなすプロサーファー
サーフィン雑誌、ファッション誌、ライフスタイル誌と幅広く活躍している

【経歴】
15歳でサーフィンに出会い海水漬けの生活を送る
17歳で千葉東支部のジュニアクラス代表
22歳でプロ資格獲得
23歳 カリフォルニア単独サーフィン武者修行
帰国後 17年間 プロとしてコンテストフル参戦
35歳 フリーサーファーへ転向

2012年Lazyboyskillサーフボードを自ら設立

プレミアムサーフィン個人レッスン『市東道場』を主催

サーフィン指導者、サーフボード開発、雑誌出演、モデル、講演、トークショー、執筆と仕事は多岐にわたり、サーフィンの楽しさを伝えると共にライフスタイルの提案をメインに活動している。


"Shige"からのメッセージ

『常識にとらわれるな、
普通の人生なんてつまらない。ぶっ壊す勇気も大切』

『他人を思いやる気持ちを皆が持てば世界は上手くいく、Respect each otherこれが人間の大切なこと』

『お金は大事。上手に使って循環させる。浪費ではなく自己投資に使えば財産になる』