A-CARS 1月号 にコラムが掲載されました。

メディア掲載
12 /12 2016
A-CARS 1月号 にコラムが掲載されました。

112.jpg



今月のコラムはこちらカリフォルニアで感じたことを綴りました↓

nalu_201612121203272ea.jpg

今月号はSEMA SHOW特集

最新のアメリカのトレンドカスタムがよくわかります。

nalu0003.jpg



nalu0002.jpg


nalu0001.jpgnalu0004.jpg



前月号の12月号掲載コラム内容はこちら↓

『サンフランシスコの旅』
カリフォルニアの北の都市サンフランシスコに8年ぶりに訪れた。

日本列島と同じくらいの大きさのカリフォルニア州は太平洋に面した縦に長いアメリカの西海岸の北部。

1848年以降に、ゴールドラッシュで開拓された都市であり、今でもまだ当時の建造物が残っていて都会的だが歴史と情緒を感じる街である。

そこには移民、留学生を含む多数の民族や国籍の人間が住んでいる。

パッと見でカオスな感じもあるが、そこから様々なカルチャーや食文化が広がっていて多様でオープンな雰囲気が漂っている。

クルマを見てみると、8年前はも90年代初頭のボロボロの日本車などが多く見られたが、最近ではあまり見かけなくなった。

圧倒的に新しいセダンやミニバンばかりだ。その中でも、やはりビンテージの古いクルマは目に付いてしまう。

アーティストが多いせいか、古いクルマを好んで乗る連中がいる。

南カリフォルニア的などぎついカスタムした車はあまり見かけず、ヒストリックカーをオリジナルで乗るスタイルが多い印象だ。サンフランシスコの代表的な海岸であるオーシャンビーチで1台の素晴らしいコンディションのクルマに偶然出会った。カリフォルニアの青空とビーチの雰囲気がやけにマッチしていてクルマの存在感を後押ししていた。

ロサンゼルス以南のカリフォルニアは依然として人気があるが、北のカリフォルニアも1度は訪れるといい。

きっと、今までとは違ったカリフォルニアを感じれるはずだ。


20161006122232.jpg





関連記事

ak47

市東"Shige"重明
(シトウ シゲアキ)
1975年生まれ A型
177cm/73kg

プロサーファー
アーティスト
ライフスタイルクリエイター
LazyBoySkill surfboardオーナー
LBS gallery主宰
LB/S tokyo bay ディレクター
落語協会サーフィン部顧問


競技用ショートからクラッシクロングまで様々なボードを巧みに乗りこなすプロサーファー
サーフィン雑誌、ファッション誌、ライフスタイル誌と幅広く活躍している

【経歴】
15歳でサーフィンに出会い海水漬けの生活を送る
17歳で千葉東支部のジュニアクラス代表
22歳でプロ資格獲得
23歳 カリフォルニア単独サーフィン武者修行
帰国後 17年間 プロとしてコンテストフル参戦
35歳 フリーサーファーへ転向

2012年Lazyboyskillサーフボードを自ら設立

プレミアムサーフィン個人レッスン『市東道場』を主催

サーフィン指導者、サーフボード開発、雑誌出演、モデル、講演、トークショー、執筆と仕事は多岐にわたり、サーフィンの楽しさを伝えると共にライフスタイルの提案をメインに活動している。


"Shige"からのメッセージ

『常識にとらわれるな、
普通の人生なんてつまらない。ぶっ壊す勇気も大切』

『他人を思いやる気持ちを皆が持てば世界は上手くいくのに、Respect each otherこれが人間の基本です』

『お金は大事。上手に使って循環させる。浪費ではなく自己投資に使えば財産になる』