サーフィン用高級耳栓『SURF EARS』をレビュー

アイテム
09 /02 2016
最近話題の音が聞こえる耳栓『Surf Ears』の使用感レビュー

オレンジとのカラーが印象的なサーフィン用機能的耳栓です。

特徴は音が聞こえるというもの
構造は水を通さないメッシュ構造となってます。

着用感は素材的に少し硬い感じだか、確かに耳栓していないようなクリアな音が聞こえる

ゴム素材のイヤープラグリーシュも標準装備なので、海で落とすことは無さそうですね。


20160902_141344.jpg


20160902_141443.jpg
パッケージはapple製品のパッケージみないなシンプルデザイン


20160902_141803.jpg 

   



20160902_141758.jpg
この突起物のウイングを引っかけるのがミソ
これで従来のイヤープラグより脱落の確率が減るということです。

20160902_141815.jpg20160902_141328.jpg
耳栓の大きさもS、M、Lと3サイズが付属で選択可能
自分の場合、左はMで右はSサイズだった。

耳のフッックも2サイズ交換可能
これも小さい方に交換
このパーツの素材感がもう少しソフトだと嬉しい

20160902_141421.jpg

耳栓を収納するポーチも付属しています。

従来の耳栓ではありえない価格帯ですが
音が聞こえるのと脱落しずらいことを考えると
耳栓が初めての方でも違和感なく使用できるかと思います。

耳栓愛用してる方は、音が聞こえすぎて戸惑うかも
ちゃんと着いているのか最初不安になります。(笑)


耳栓を購入はこちらから↓

関連記事

ak47

市東"Shige"重明
(シトウ シゲアキ)
1975年生まれ A型
177cm/73kg

プロサーファー
アーティスト
ライフスタイルクリエイター
LazyBoySkill surfboardオーナー
LBS galleryオーナー
市東道場プレミアムサーフレッスン主宰
落語協会サーフィン部顧問


競技用ショートからクラッシクロングまで様々なボードを巧みに乗りこなすプロサーファー
サーフィン雑誌、ファッション誌、ライフスタイル誌と幅広く活躍している

【経歴】
15歳でサーフィンに出会い海水漬けの生活を送る
17歳で千葉東支部のジュニアクラス代表
22歳でプロ資格獲得
23歳 カリフォルニア単独サーフィン武者修行
帰国後 17年間 プロとしてコンテストフル参戦
35歳 フリーサーファーへ転向

2012年Lazyboyskillサーフボードを自ら設立

プレミアムサーフィン個人レッスン『市東道場』を主催

サーフィン指導者、サーフボード開発、雑誌出演、モデル、講演、トークショー、執筆と仕事は多岐にわたり、サーフィンの楽しさを伝えると共にライフスタイルの提案をメインに活動している。


"Shige"からのメッセージ

『常識にとらわれるな、
普通の人生なんてつまらない。ぶっ壊す勇気も大切』

『他人を思いやる気持ちを皆が持てば世界は上手くいく、Respect each otherこれが人間の大切なこと』

『お金は大事。上手に使って循環させる。浪費ではなく自己投資に使えば財産になる』