『99%の会社はいらない』著 堀江貴文

book
07 /26 2016
スクリーンショット  
【内容】
世の中には「忙しい、忙しい」と言っている人は意外と多い。だが僕も仕事をしている量で言えば、「忙しい」と口にしている人たちと同じか、それ以上だ。にもかかわらず、「そんなにたくさん仕事をしていない」と感じる。なぜなら僕は「自分の時間」で忙しい、だから楽しい忙しさなのだ。しかし世の中の人は「他人の時間」で忙しい。忙しくて不幸だと感じてしまう。その元凶の一つが、「会社」という仕組みだ。会社に属することは「他人の時間」に縛られることでしかない。本書は会社に代わる組織のカタチと、新しい働き方を記したものである。by 堀江貴文


【レビュー】
これからの時代を生き抜く方法をホリエモンが独自の視点で指南している。
ホリエモンらしい先見の目で近い将来、人間の働き方がどう変化していくのか?何が必要で、どんなスキルや生き方が時代にマッチするかが語られている。これだけITのイノベーションが急速に進む中、非常にリアルに、近い将来どう生きたらいいのか理解できた。

先日、アメリカの経済諮問委員会で議長が行ったスピーチは『オートメーション化(ロボット)によって人間の仕事が奪われる』というものだった。そこで発表された分析が『時給20ドル以下の仕事の83%はロボット(オートメーション)によって奪われる可能背がある』というものだそうだ。
俺もいずれはそうなると思ってきたけど現実味が増してきた!

確かに、コンビニや小売店、レストランのウエイトレス、工場の軽作業、なんかはロボットでも可能だし、経営者にとってはサボる人間より、真面目に働くロボットの方がメリットはある。
SHOPなんか、店員じゃなくてタブレットで全商品を丁寧に説明され、人口知能AIがあなたにぴったりのオススメ商品をリコメンドしてくれる、しつこい接客や使えない店員に気を使うなんていらない時代がくる。

そんな時代で生き抜くのはやはり『クリエイティブな人間』だろう。だから、今から創造性や新しいアイディアを考えるスキルを磨くしかない。

著者のホリエモンはこんなことも言っている。
『趣味が仕事になる時代』になると。

まさに、Youtuberなんてひと昔前では想像つかなかった職業だ。
自分の趣味やのめり込んでいる物を熱心に配信している、それが収入につながる。
ロボットや人口知能 AIが人間の暮らしを便利にしてくれ、人間が自分の時間が増えて余暇を楽しみ、その延長線上で遊びが仕事に変わる時代が来るという。

ITが進化し、人々の暮らしが急速に変化する時代です。
普通に暮らしていては、危ない時代に突入する。
自分を磨くとか、自分らしい生き方をするってすごく大切だなと感じた書籍でした。

ホリエモンの著書はよく読むが、非常に合理的で先見の目がある人だなと常々思います。

市東重明のTwitterでも日常で見つけた仕事や人生において刺さるフレーズをアウトプットしています。

『99%の会社はいらない』はこちらから購入できます。
是非、一読の価値ありと思います↓
 
関連記事

ak47

市東"Shige"重明
(シトウ シゲアキ)
1975年生まれ A型
177cm/73kg

プロサーファー
アーティスト
ライフスタイルクリエイター
LazyBoySkill surfboardオーナー
LBS galleryオーナー
市東道場プレミアムサーフレッスン主宰
落語協会サーフィン部顧問


競技用ショートからクラッシクロングまで様々なボードを巧みに乗りこなすプロサーファー
サーフィン雑誌、ファッション誌、ライフスタイル誌と幅広く活躍している

【経歴】
15歳でサーフィンに出会い海水漬けの生活を送る
17歳で千葉東支部のジュニアクラス代表
22歳でプロ資格獲得
23歳 カリフォルニア単独サーフィン武者修行
帰国後 17年間 プロとしてコンテストフル参戦
35歳 フリーサーファーへ転向

2012年Lazyboyskillサーフボードを自ら設立

プレミアムサーフィン個人レッスン『市東道場』を主催

サーフィン指導者、サーフボード開発、雑誌出演、モデル、講演、トークショー、執筆と仕事は多岐にわたり、サーフィンの楽しさを伝えると共にライフスタイルの提案をメインに活動している。


"Shige"からのメッセージ

『常識にとらわれるな、
普通の人生なんてつまらない。ぶっ壊す勇気も大切』

『他人を思いやる気持ちを皆が持てば世界は上手くいく、Respect each otherこれが人間の大切なこと』

『お金は大事。上手に使って循環させる。浪費ではなく自己投資に使えば財産になる』