『國破れてマッカーサー』 西鋭夫

book
11 /10 2015

アメリカによる「占領」は未だ終わらざる日本の惨敗物語だ。米政府の極秘資料をもとに、占領政策の欺瞞を暴き、日本人の変節を問う。平和と民主主義の代償として憲法第九条の中に埋葬された日本人の誇りを取り戻すために、いま明かされる「占領の真実」。

スクリーンショット 2015-11-10 9.59.18

スタンフォード大学フーバー研究所教授 西先生がアメリカの国家機密開示(50年経過すると国家機密は開示される)により、調べ上げた本当の日本占領計画の実態を書いています。

我々、日本のアイデンティティーがどうコントロールされ、アメリカに占領されていったのかよく理解できます。
自分たちのルーツがどうなって現在に至るのか、知っておいたほうがいい事実が沢山記載されています。

日本がアメリカの手下になっていく様が克明に綴られている。

マッカーサーが何を思い日本を弱体化させ占領されたのか
日本の国民、政治家のアメリカ支配のやり方に対し、苦闘し、どう動いて、どう消されていったか

やっぱり、学校で教える教科書はウソばかりだなと痛感します。
学校で習う歴史は後から作られたものばかり。

日本の憲法もアメリカの都合いいように(マッカーサーの独断で)書かれています。

憲法なんか60年経って、時代も変わり人々の生活や国際情勢も変わってるので状況に応じてアップデートされないっておかしい。

在日米軍に支払っている金は年間6000億円弱
守ってもらうための、みかじめ料
これ、みんなの税金

自国を自分達で守れない国民って、恥ずかしい。

だが、アメリカの子分になったから得られたこともある。
民主主義や個人の自由や平等これらは、アメリカがもたらしたもの。


自分達の国がどうやって作られていったのか
これからどうするべきなのか
是非、読んでほしい良書です。









関連記事

ak47

市東"Shige"重明
(シトウ シゲアキ)
1975年生まれ A型
177cm/73kg

プロサーファー
アーティスト
ライフスタイルクリエイター
LazyBoySkill surfboardオーナー
LBS gallery主宰
LB/S tokyo bay ディレクター
落語協会サーフィン部顧問


競技用ショートからクラッシクロングまで様々なボードを巧みに乗りこなすプロサーファー
サーフィン雑誌、ファッション誌、ライフスタイル誌と幅広く活躍している

【経歴】
15歳でサーフィンに出会い海水漬けの生活を送る
17歳で千葉東支部のジュニアクラス代表
22歳でプロ資格獲得
23歳 カリフォルニア単独サーフィン武者修行
帰国後 17年間 プロとしてコンテストフル参戦
35歳 フリーサーファーへ転向

2012年Lazyboyskillサーフボードを自ら設立

プレミアムサーフィン個人レッスン『市東道場』を主催

サーフィン指導者、サーフボード開発、雑誌出演、モデル、講演、トークショー、執筆と仕事は多岐にわたり、サーフィンの楽しさを伝えると共にライフスタイルの提案をメインに活動している。


"Shige"からのメッセージ

『常識にとらわれるな、
普通の人生なんてつまらない。ぶっ壊す勇気も大切』

『他人を思いやる気持ちを皆が持てば世界は上手くいくのに、Respect each otherこれが人間の基本です』

『お金は大事。上手に使って循環させる。浪費ではなく自己投資に使えば財産になる』