市東重明が考えるサーフィンのあり方

column
10 /18 2015
今月のサーフィンライフの抱井さんの記事
最高でしたよ。

サーフィンに対しての考え まったく同感です。
こういう先輩方のマインドや教えを伝えていきたいよね。

気になる方は下の方にリンク貼ってあるので雑誌を買って読んでみて。
ここではあえて掲載しません。


さて、ここからは市東重明が考えるサーフィンのあり方↓


サーフィンは『遊び』だから。
サーフィンのスポーツ化が急速に進んでるけど
間違いなくカルチャーだってことを忘れちゃいかんよ。

俺らのやってることって競技用サーフボード売ってるわけじゃないし、スポーツ用品店じゃないからさ。
いつも通りの一般人が入りづらいサーフショップから、一般人も入りやすいスポーツ用品店に転向なんてダサいよね。

サーフィンは海での公開マスターベーション。ルールはあるが、自分がどれだけ気持ちよくなれるかの遊びだよ。
俺らは究極のオナニー道具のソムリエかな。
あなたを一番気持ち良くする道具知ってるよ。
どうやったら一番気持ちいいかも教えてあげれるし。
気持ち良くなりたいから、海外だって旅するし。
もう病気だね。

サーフィンは良い意味で、ダメな大人の遊びでいいと思ってる。
いい意味でね。

日本独特のバビロンに支配され大量生産されたロボットみたいな人間より、自分らしく生きてる人間って必要だよ。
クリエイティブでラディカルな人種。
サーファーはそんな奴らの象徴であって欲しい。

”shige”


『他人と比べず、自分がどれだけ楽しいか、自分がどれだけ成長したか』
上達の秘訣だと思うし、サーフィンをずっと続けていくコツ





リスペクト↓
FC2FC2kakai(変換後)(変換後)
 yasunori kakai/ pro surfer.surf board bilder

気になる抱井氏の記事はこちらからどうぞ↓
是非読んでみ

関連記事

ak47

市東"Shige"重明
(シトウ シゲアキ)
1975年生まれ A型
177cm/73kg

プロサーファー
アーティスト
ライフスタイルクリエイター
LazyBoySkill surfboardオーナー
LBS gallery主宰
LB/S tokyo bay ディレクター
落語協会サーフィン部顧問


競技用ショートからクラッシクロングまで様々なボードを巧みに乗りこなすプロサーファー
サーフィン雑誌、ファッション誌、ライフスタイル誌と幅広く活躍している

【経歴】
15歳でサーフィンに出会い海水漬けの生活を送る
17歳で千葉東支部のジュニアクラス代表
22歳でプロ資格獲得
23歳 カリフォルニア単独サーフィン武者修行
帰国後 17年間 プロとしてコンテストフル参戦
35歳 フリーサーファーへ転向

2012年Lazyboyskillサーフボードを自ら設立

プレミアムサーフィン個人レッスン『市東道場』を主催

サーフィン指導者、サーフボード開発、雑誌出演、モデル、講演、トークショー、執筆と仕事は多岐にわたり、サーフィンの楽しさを伝えると共にライフスタイルの提案をメインに活動している。


"Shige"からのメッセージ

『常識にとらわれるな、
普通の人生なんてつまらない。ぶっ壊す勇気も大切』

『他人を思いやる気持ちを皆が持てば世界は上手くいくのに、Respect each otherこれが人間の基本です』

『お金は大事。上手に使って循環させる。浪費ではなく自己投資に使えば財産になる』