VISSLAがアップサイクルコンテスト開催!

SURF
09 /01 2015
vissla


「VISSLAアップサイクル・コンテスト」

いらなくなったものを“よりステキなかたち”に再利用したり、環境意識とアイデアが理想的なカタチで融合すること、それがアップサイクル。端材を再利用したハンドプレーンなどは、まさにアップサイクルの好例ですね。

いま、VISSLAとSurfrider Faundationがアップサイクルをテーマにしたコンテストを開催中です。応募方法はあなたのアップサイクル・プロジェクトの写真や動画を「‪#‎CreatorsContest‬」を添えてインスタグラムにアップするだけ。
ファイナリスト(16歳以下&オープンの2クラスで合計4名)はなんと、アメリカのギャラリーで展示&開催されるショーにご招待! 一気にワールドクラス。夢あります! 詳細は下記の通り!

あなたも廃材をアップサイクルして、創造力を駆使し、自分らしいアップサイクル品を投稿してみませんか。


スクリーンショット 2015-09-01 10.36.42


いらなくなったものを“よりステキなかたち”に再利用したり、環境意識とアイデアが理想的なカタチで融合すること、それがアップサイクル。端材を再利用したハンドプレーンなどは、まさにアップサイクルの好例ですね。

いま、VISSLAとSurfrider Faundationがアップサイクルをテーマにしたコンテストを開催中です。応募方法はあなたのアップサイクル・プロジェクトの写真や動画を「‪#‎CreatorsContest‬」を添えてインスタグラムにアップするだけ。
ファイナリスト(16歳以下&オープンの2クラスで合計4名)はなんと、アメリカのギャラリーで展示&開催されるショーにご招待! 一気にワールドクラス。夢あります! 詳細は下記の通り!

あなたも廃材をアップサイクルして、創造力を駆使し、自分らしいアップサイクル品を投稿してみませんか。

◆エントリー方法
あなたのアップサイクル・プロジェクトのスタート~フィニッシュまでをドキュメントしたムービー、もしくは3~6枚の写真をインスタグラム「#CreatorsContest」にポストしてください。

https://instagram.com

◆応募締切
2015年9月12日

◆審査方法
ジャッジの基準はイノベーション(革新性)、ファンクショナリティー(機能性)、クリエイティビティ(創造性)、デザイン、エステティックス(美的感覚)を基本にします。

◆ファイナリストについて
16歳以下とオープン・ディビジョンの2カテゴリーで、合計4人がファイナリストに。
ファイナリストはプロジェクトをアメリカの事務所まで送付してもらい、オンラインをベースにした最終投票が行われます。
ファイナリストには特別な賞品が贈られ、作品が展示されるギャラリーでのショーにご招待!

◆表彰
ウィナーは2015年の10月3日に行われる、最終のギャラリーショーにおいてアナウンスします。

◆公式ページ
https://www.vissla.com/creatorscontest/

Creators & Innovators Upcycle Contest from Vissla on Vimeo.

関連記事

ak47

市東"Shige"重明
(シトウ シゲアキ)
1975年生まれ A型
177cm/73kg

プロサーファー
アーティスト
ライフスタイルクリエイター
LazyBoySkill surfboardオーナー
LBS gallery主宰
LB/S tokyo bay ディレクター
落語協会サーフィン部顧問


競技用ショートからクラッシクロングまで様々なボードを巧みに乗りこなすプロサーファー
サーフィン雑誌、ファッション誌、ライフスタイル誌と幅広く活躍している

【経歴】
15歳でサーフィンに出会い海水漬けの生活を送る
17歳で千葉東支部のジュニアクラス代表
22歳でプロ資格獲得
23歳 カリフォルニア単独サーフィン武者修行
帰国後 17年間 プロとしてコンテストフル参戦
35歳 フリーサーファーへ転向

2012年Lazyboyskillサーフボードを自ら設立

プレミアムサーフィン個人レッスン『市東道場』を主催

サーフィン指導者、サーフボード開発、雑誌出演、モデル、講演、トークショー、執筆と仕事は多岐にわたり、サーフィンの楽しさを伝えると共にライフスタイルの提案をメインに活動している。


"Shige"からのメッセージ

『常識にとらわれるな、
普通の人生なんてつまらない。ぶっ壊す勇気も大切』

『他人を思いやる気持ちを皆が持てば世界は上手くいくのに、Respect each otherこれが人間の基本です』

『お金は大事。上手に使って循環させる。浪費ではなく自己投資に使えば財産になる』