リサーチ
『 REBEL 』 プロサーファー市東重明のブログ
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
09« 2016/10 »11

Shige's FACE BOOK

LBS Gallery SHOP

最高のサーフボードはここから↓ 『市東道場』最短でサーフィンを上達したい方はこちら↓ blackbelt_3019995bのコピーLBS 発信基地 ON LINE SHOP↓

プロフィール

ak47

Author:ak47
市東"Shige"重明
(シトウ シゲアキ)
1975年生まれ A型
177cm/73kg

プロサーファー
アーティスト
ライフスタイルクリエイター
LazyBoySkill surfboardオーナー
LBS gallery主宰
LB/S tokyo bay ディレクター
落語協会サーフィン部顧問


競技用ショートからクラッシクロングまで様々なボードを巧みに乗りこなすプロサーファー
サーフィン雑誌、ファッション誌、ライフスタイル誌と幅広く活躍している

【経歴】
15歳でサーフィンに出会い海水漬けの生活を送る
17歳で千葉東支部のジュニアクラス代表
22歳でプロ資格獲得
23歳 カリフォルニア単独サーフィン武者修行
帰国後 17年間 プロとしてコンテストフル参戦
35歳 フリーサーファーへ転向

2012年Lazyboyskillサーフボードを自ら設立

プレミアムサーフィン個人レッスン『市東道場』を主催

サーフィン指導者、サーフボード開発、雑誌出演、モデル、講演、トークショー、執筆と仕事は多岐にわたり、サーフィンの楽しさを伝えると共にライフスタイルの提案をメインに活動している。


"Shige"からのメッセージ

『常識にとらわれるな、
普通の人生なんてつまらない。ぶっ壊す勇気も大切』

『他人を思いやる気持ちを皆が持てば世界は上手くいくのに、Respect each otherこれが人間の基本です』

『お金は大事。上手に使って循環させる。浪費ではなく自己投資に使えば財産になる』

Twitterでつぶやき…

市東へコンタクトは、こちらからお気軽にどうぞ

サーフボードのこと、撮影依頼、サーフレッスン問い合わせ、イベント出演、講演依頼、トークショー依頼、ブランドマーケティング依頼はお気軽にお問い合わせ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

スマホが映画館に変身するスピーカー

俺も愛用しているBOSE sound link mini。自宅やオフィスで携帯やタブレットでBluetooth接続でサイズからは想像もつかないほどの臨場感あふれる本格BOSEサウンドを再生。小型で持ち運び可能、キッチン、リビング、寝室あらゆる場所で楽しめます。スピーカーフォンを搭載。ハンズフリーで通話が可能。約10時間の長時間連続再生が可能。買ったその日からスマホが映画館に!!

検索フォーム

QRコード

QR

波フェス 道北サーフミート in 利尻島

9月25日に北海道の利尻島で開催された

波フェス 道北サーフミート

今回で10回目というから、なかなかヒストリーのある大会である。

毎回、北海道の波フェスにはゲストライダーとコンテストジャッジで招いていただいて函館で開催される道南サーフミートや稚内や留萌でのコンテストは参加させてもらっているが、この利尻島は初めて訪れた。

パワースポットとしても有名な島である利尻島。
北海道の北部、日本海上に浮かぶほぼ円形の島である。
面積182.11km。
日本の島嶼部で18番目に広い面積を有している
人口約5400人の島


スクリーンショッ

20160924_140156.jpg
成田空港から新千歳空港で乗り換えて利尻島までのアクセス

成田からはJetstarのLCCを使ったがボードチャージが高い!
超過料金800円(1kgあたり)
気をつけなきゃ!
クラッシックボード2本持ってったら、約1万円くらいチャージを取られた。

20160924_173107.jpg
利尻富士とも呼ばれている 利尻山
島のどこからみても存在感のあるシンボリックな山


20160925_224708.jpg
波フェス恒例の前夜祭!

コンテストより前夜祭にプライオリティーがある。
ホタテやホッケ、ブリに舌鼓を打つ!
屋外でのBBQスタイルで利尻山を見ながら
北海道のローカルたちと再会を祝う。

20160925_224520_20160927230954323.jpg
利尻島のサンセット

なんとも言えない幻想的な瞬間


20160924_181411.jpg
前夜祭のライブはフォークソングで盛り上がった

実は彼はムラサキスポーツのスタッフ!
緊張していたわりには、こなしていた感がある

20160924_192652.jpg
ゲストシンガーの中田 雅史さん
北海道出身のシンガーである。
札幌から同じ飛行機で利尻入りした中田くん。
甘い曲調で心地よい。

アキオカ マサコも呼んで欲しかった!


20160925_082914.jpg 
大会当日、昨日の強風で波がサイズアップ!

完全リーフでエントリーは岩の上をロックダンスしなければならない。
結構痛い!


20160925_082303_20160927225449641.jpg
スタイルマスターのパイセンである勝又プロと
NSA北海道支部長のヒサト

20160925_090617.jpg
大会実行委員長 利尻ローカル トシヤさん!

山から海からどのフィールドでも遊び方を知っている
遊びの達人

トシヤさんが経営する宿 『レラモシリ』
釣りからハイキングからサーフィン、カヤック、スノーボードまで幅広いレクレーションが充実している綺麗な宿です!


20160925_095233.jpg
北海道の横乗りTV番組『NO MATTER BOARD』(HTV)
の司会を務めるプロスノーボーダー
八巻 篤史がマイクを握りMCを担当

北海道のプロスノーボーダーは基本サーフィン好き!
カッチくんやデカチョーやマサオミもコンテストでちゃう
みんな友達で常にgood vibesを彼らからもらっている


20160925_094221.jpg
函館のハードコア 横乗りプロショップ『Narrow』と『Diamond ramp』を経営するプロスノーボーダー 中村コウキ
LazyBoySkill surf boardのディーラーでもあり、サーフジャンキーだ!

色々なボードを乗りこなす遊びの達人である。
今回はオルタナクラスでのエントリー


20160925_102212.jpg
勝又パイセンが持ち込んだ 自身がシェイプするブランド
INSANEサーフボードの左右非対称ボード

研究熱心でクリエイティブなボードビルダーだ。
乗り手としても超一流だけに、ボードに対してのフィーリングも的確に解説してくれる

20160929_152813.png 
自分が使用したボードは今年リリースする『TOMCAT』
tappyシェイプのデュアルシングルフィン 5’8

20160925_102712.jpg


20160925_102730.jpg

20160925_102834.jpg
大会トロフィーはハンドメイドのウッドトロフィー
北海道ならではのデザイン

20160925_124906.jpg
大会終了後には全員参加のエアーチケット争奪ジャンケン!
やっぱ盛り上がるな、これ系は 
20160925_144138.jpg
大会終了後みんなで、波のいいところへ民族大移動
玉石のライトブレイク
着いた頃には大会参加者でポイントパニック
サンセットタイムまで気の向くままサーフ!


20160925_161533.jpg

20160925_163015.jpg

20160925_163635_001.jpg
さすが利尻島 
漂流物もロシア語

20160925_171550.jpg

20160925_224416.jpg
なんとも言えないサンセットタイムのロケーション
最高です


20160925_191410.jpg
大会打ち上げは宿の近所の『TSUNAMI』で
いろんな寿司からヒラメの刺身から超美味い料理が次々と振舞われた。

最高に美味かった!!やばい!!

20160925_185306.jpg

20160925_185257.jpg

20160926_074754.jpg
最終日、早朝の利尻を見ながらヨガタイム

20160926_063117.jpg
で、露天風呂から利尻富士を見ながらリラックス


20160926_082149.jpg
フェリーで先に帰るチームをお見送り
映画のような演出で一同盛り上がった!
20160926_083043.jpg

20160926_112952.jpg 
飛行機出発前の1セッション

風とウネリの合うポイントで貸切サーフ

初の利尻島で 
ローカルサーファーや地元の方も優しく迎えてくれてフレンドリー。

サーファーってどこへ行ってもサーファーマインドで繋がってるなって実感した。

野球やゴルフでここまで打ち解けないよね。
全く知らない人と。

やっぱ、サーファーって人種だと思う。

同じ人種だから引き合うし分かり合える。
初めて会ったのに昔から知ってるような
そんなノリ

やっぱサーフィン最高だわ!

利尻ローカルの皆さん
大会に関わった全ての皆様
ありがとうございました。

とても素晴らしいコンテストでした。

是非、この先何年もすっと続いて欲しい大会です。
ありがとうございました。



スポンサーサイト

本日の『市東道場』プレミアムサーフレッスン

20160922_094043.jpg

本日の『市東道場』
雨の中、レッスンお疲れさまでした。

テイクオフの正しい動作が陸ではできているけど
まだまだ、昔の悪い癖が出てきます。

悪い癖が出ると、スタンスが定まらずボードの荷重も適正な場所に乗れず。
ボードがうまく滑り出してくれませんでした。

7割くらいのテイクオフの動作が完成されているので
この調子で、しっかり固めていきましょう。
気をぬくとまた悪い癖が出てしまします。

テイクオフ後のニュートラルポジジョンの姿勢はできていたので
B/S側のターンが相当やりやすくなったようです。

この調子でテイクオフをしっかり固めて、ターンの課題にすすみましょう。

『自力で3年かかるところを1年半で上達
How to本には載っていない秘伝を伝授』
『市東道場』はこちらから↓








本日の『市東道場』プレミアムサーフレッスン

20160920_101124.jpg

本日のレッスンは3回目

前回できたことが今回は中々できなくて戸惑いました。

陸ではスムーズにできていますが、いざ海に入り波に押されると頭が真っ白になりできていた動作もできなくなります。

日々の自宅でのトレーニングで正しい動きを確実に反復し刷込みをしないといけません。
無意識で体が動くようになるまで、ひたすらやり込みましょう。

今回の課題をこなして次回につなげましょう。

『市東道場』はこちらから↓



本日の『市東道場』プレミアムサーフレッスン

20160919_092046.jpg

本日は2回目レッスン

前回の課題もしっかりこなしてくれているので確実にレベルアップ!

テイクオフはノーストレスで確実にできていました。

次はターンですね!
体重移動と体の使い方を重点的にマスターしましょう。

特にB/S側のターンで上体の使い方が間違っているので修正しました。
言われたことをすぐ意識して改善できるのですごいです。

この調子で最短上達しましょう!


『自力で3年かかるところを1年半で上達
How to本には載っていない秘伝を伝授』
市東道場はこちらから↓




雑誌『Blue.』10月号に掲載されました。

今月発売の雑誌『Blue.』に掲載されました。
本編はサーフトリップものから、ヒストリーものから、インタビュー、ファッションまで満載です。
付録DVDもやばい。買いですよ。

blue10月号 

VISSLAでは最新秋冬コレクションの掲載。
海上がりでそのまま真夏のロケだったんで
日焼け止めそのまま!
俺の愛用日焼け止めはコレ↓

落とせばよかったな。
だって編集のトロマツが
『そのくらいの方が、リアルでいいんじゃないですか?Blue.的には問題ないです』
なんて言うから~。
ブランド別にマーとカイキと俺の3人のモデルカット
カモフラのサーマルブルゾンお勧めです!
blue10月号_0003
blue10月号_0001blue10月号_0002








今年の夏はまたまた海でも増殖中のキャッチサーフ。
スポンジサーフボードブームの火付け役です。
そのctsurfの2クークスツアー
カラニ・ロブとタイラーの2人がキャッチサーフで日本の波を行脚する!

storageemulated0SilentCameraSoft1470105146257.jpg 
カラニ・ロブとの2ショット
これをFBでアップしたら一瞬で『いいね!』が1000超えた!
『モーメンタム』世代にはたまらないですね
懐かしのモーメンタム↓

received_850001215100733.jpeg
blue10月号_0007
blue10月号_0004blue10月号_0006
RINCONのAD 
ウェットスーツ特集でも掲載されていました。
ここ数年、売上が右肩上がりで堅調に売れているウェットスーツ
プロロングボーダーのショーロク先輩と俺でテストやフィードバックを重ね、研究開発されています。
スタイルマスターには最適なCoolなブランド
リンコンウェットスーツ↓
blue10月号_0005 
リンコンウェットスーツ↓
今月号はとりあえず絶対買っとけ!
DVD見てサーフィンを研究するように!
付録のDVD Jack coleman作 『the zone』
また新たなサーフィン上達とスタイル研究のいい教材が付いてくる↓

THE ZONE surf movie from Jack Coleman Surf Films on Vimeo.

¥マスト BUYですね!

ファッション雑誌Fine10月号に掲載されました。

ファッション雑誌「Fine」10月号に掲載されました。

本編は『大人ミリタリーVS洗練デニム特集』
どちらも好きで勝負にならないな…(笑)

知ってるサーファーの顔もスナップで出てました〜
チェックですね。

fine10月号カバー


今回は海でのリラックススタイルコーデ

Visslaの黒のスエット上下

足元はアイランドスリッパーです。


サングラス D'blanc
スクリーンショット 1 

時計はLUMINOX

luminox9382-f35Lightning_a.jpg 



IMG_20150330_175842 (1) 


fine10月号_0002


俳優でサーファーの駿河太郎くんも出てますね!
市東道場の門下生でもあります。
いつも舞台の稽古の合間にサクッと千葉北でサーフィンしてます
fine10月号

Fine10月号はこちらから購入できます↓

アメ車雑誌『A-CARS』10月号にコラムが掲載されました。

アメ車雑誌A-cars10月号にコラムが掲載されました。

本編はアメリカの流行カスタム特集

やはりリフトアップ『上げスタイル』ですかね。
ワイルドなスタイルが流行のようです。

本誌でお確かめください。

俺の68インパラもリフトアップのダート使用で
MAD MAXみたいにしたいなと最近思ってきた!

10月号表紙



コラムはセルフディフェンス『自分を守る格闘技術』について。

ハリウッド映画の格闘シーンでは必ず出てくるファイトスタイルですね。
昔はド派手な殴りあいでしたが、最近ではテクニカルな人殺しテクニックを多用していてる。

軍隊格闘的なファイトが多いですね。
昔はスティーブンセガールの十八番だった至近距離での瞬殺テクニックも、今ではハリウッドの俳優たちもマストトレーニングなスキルです。
img_1.jpeg 

でも、これ知っとくと知らないとではイザという時、何をすべきかわかってるので役立つかも。

スマホを使った攻撃とかも習ったけど
女でも簡単に男を1発でノックダウンできますよ。
アレ食らったらたまらないね(>_<)

最近、日本でもセキュリティー会社の方と話すと以前よりニーズがアップしているようです。
それほど、犯罪も多発しているということ。
アメリカで射撃と格闘の訓練受けてみたいな。
民間軍事会社(PMC)で働くのも悪くない。
普通に兵隊やってるより民間の方が稼げる時代らしいです。

いざという時、自分や大切な人を守るためにも
インストールするべきスキルです。


10月号コラム



本日の『市東道場』プレミアムサーフレッスン

20160911_180556.jpg

3回目の受講
かなり前回のレッスンからブランクが空いてしまいました。

やはり、間が空くと中々厳しいようです。

前回のレッスン内容の確認
まだまだ、できないところが多く改善点がありますが
目先の課題を一つ一つこなして、積み上げていくのが最短上達に必須です。

確実にマスターして進むことで
再度できないところを修正する必要がないんですね。

テイクオフ以前のボードのコントロールだったり、パドルポジション等をしっかり稽古して固めましょう。マスターすればノーストレス(無意識)でできるようになり、その後の成長に差が出ます。

自宅でも、海の上をしっかりイメージしながら課題に取り組んでください。

自力で3年かかるところを1年半で上達
How to本には載っていない秘伝を伝授↓


| HOME | NEXT